タックルボックス メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM7000使い心地とデメリットを本音でレビュー

こんにちは、釣り好き自然の中で楽しむことが好きな『こいきち』です。

私は家族や友人と釣りにいったり、バーベキューをしたりとアウトドアを楽しみながら休日を過ごしています。

私はシーバス釣り・筏釣り・ふかせ釣り・ショアジギング・ファミリーフィッシングと
様々なジャンルの釣りを楽しんでいます。

様々なジャンルの釣りをされている方はわかると思いますが、ジャンルが増えると釣り道具も増えますよね。

そこで今回、私が実際に使用しお気に入りでもあるタックルボックス メイホウ(MEIHO)バケットマウス BM‐7000
使い心地とデメリットを本音でレビューしていきたいと思います。

目次

失敗しないタックルボックスの選び方

タックルボックスを買うにあたり、何を重要視するのか決めましょう。

気になるポイントは以下のようなものがあります。

  • サイズ(横幅・奥行・高さ)
  • 収納(釣り道具が多い・少ない)
  • 価格
  • デザイン
  • 使い心地
  • 耐久性
  • その他機能(オプション機能)

釣り道具が多くなると、タックルボックス選びも大切になります。

私がタックルボックス選びで重要だと思うことは、サイズ・収納・耐久性・使い心地です。

特に釣り道具が多く様々なジャンルの釣りをする人は、収納力・耐久性のあるタックルボックスを
選ぶことをおすすめします。

本当に買ってよかった!お気に入り

このメイホウバケットマウスは本当にお気に入りで、とにかく釣り道具やその他備品を
たっぷり収納できますし持ち運びも楽です。

私の友人や釣り仲間もこのタックルボックスの愛用者でみんなお気に入りだそうです。

これからおすすめポイントを説明していきます。

おすすめポイント1:収納力があり持ち運びやすい

特徴としては深型であるためサブのリールやスプール、500mlの飲料、タオルなど様々な大きの物を
収納し持ち運びができます。

このタックルボックス1つあればある程度の道具を収納できます。

釣りに出かけるときはなるべく道具はまとめて収納することをおすすめします。

おすすめポイント2:耐久性がある

私が実際に使用し驚いたことは、非常に頑丈なことです。

手で触った感触で一言であらわすと、硬いです。

約3年ほど使用していまして、ある程度の小傷はありますがタックルボックスに大きなダメージもなく変形や変色も
ありませんし、現在も普通に使用できています。

おすすめポイント3:椅子でも活用できる

防波堤でフカセ釣りをする時や筏釣りをする時に、座って釣りをする方が多いかと思います。

そこで、メイホウ バケットマウスがあれば椅子の代わりに活用できます。

成人男性が座っても余裕で耐えれますし頑丈にできていますので安心して座ることができます。

私は筏釣りでよく椅子代わりに使用しています。

数年使用していますが、変形や破損もなく普通に使うことができています。

おすすめポイント4:自分好みのオプションが付けれる

メイホウ バケットマウスは収納だけではなく、オプションでカスタムパーツを別で購入しカスタムすることが出来ます。

パーツではロッドホルダーを付けることができたりボックスのサイドに小物ボックスを付けることもできます。

その他、様々なカスタムパーツがありますので、自分好みにカスタムすることができるのでおすすめです。

おすすめポイント5:手入れが楽

私は釣りが終わったら必ず道具を洗います。

海水が付着したまま放置すると、道具はすぐ傷みますし錆の原因にもなります。

最低でも水洗いをすることで、ある程度の海水は落ちますしメイホー バケットマウスは手入れがとても楽です。

というのも、フタを取り外すことができストレスなく中も洗うことができます。

全体的に洗いやすく金属を使用していないため錆びる心配もありません。

洗うときは少量の洗剤をつけ、ブラシで軽くこすってあげると汚れも落ちます。

タックルボックス メイホウ(MEIHO) バケットマウス BMー7000のデメリット

・道具を詰め込みすぎると、かなりの重量になる

これは私の経験ですが、かなり収納スペースがあるため色々な道具や備品をついつい詰め込んでしまい
気づけばかなりの重量になっています。

釣り場に着き、重い道具をもって移動すると大変です。

やはり道具は必要以上にもっていかない、タックルボックスに詰めすぎないよう注意が必要です。

・ランガンで移動しながら釣りをされる方には向いていない

タックルボックス メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM‐7000はランガンで移動しながら釣り
持ち運びに向いていないと思います。

このタイプは道具の多い方向けで間違いないです。

ランガンで持ち運びながら移動したい方は、メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM‐5000の小さいタイプを
選択して下さい。こちらの方が持ち運びやすく使いやすいです。

まとめ

とにかくタックルボックス購入を迷っている人にこの商品はおすすめです。

他のメーカーの類似商品もありますが、値段もやすくコスパもいいです。

子ども達も釣りに興味を持ち始めましたので、あともう1つ追加購入の予定です。

その他おすすめカスタムパーツの紹介

メイホウが出しているカスタムパーツを紹介します。

・ロッドスタンド(私もカスタムしています)

ルアーロッド・バスロッド・タイラバ・エギング・アジング・ジギング・筏竿などのロッドをスタンドに入れ
立てることができます。

・ハードドリンクホルダー

ペットボトルを置くことができます。夏場に便利です。

・マルチハンガー

プライヤーやハサミ、ルアーなど掛けることができます。

・サイドポケット

サイドポケットを付けると、小さなボックスも入れることができます。

・バケットマウス用クッション

座って釣りをするときフタの上にクッションを引くと、お尻が痛くなりにくく楽になります。

・パーツケース

小物入れに最適です。内部も見えやすく便利アイテムです。

・ハピソン バケットマウスライト

外も中も照らすことが可能です。夜釣りをされる方におすすめです。

自分好みにカスタムができますのでとても便利です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる