シーバス釣り入門者必見 ダイワロッド ラブラックス106M購入使い心地と デメリットを本音でレビュー

趣味で釣りを楽しみ、時には子ども達とキャンプやバーベキューを楽しむ自然が大好き『こいきち』といいます。

私はシーバス釣り・筏釣り・ふかせ釣り・ルアー釣りと様々なジャンルの釣りを楽しんでいます。

そこで今回はシーバス釣りロッド選びについてレビューも交えながら説明していきたいと思います。

シーバス釣りに興味があって釣りに行きたいが、まずどのようなロッドを選べばいいの?シーバス釣り入門者の方に悩みが多いかと思います。

私がいくつかのシーバスロッドを購入した中で1番のおすすめダイワロッド ラブラックス106Mの使い心地とデメリットを本音でレビューしていきたいと思います。

ロッド購入に迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

失敗しないシーバスロッドの選び方

シーバスロッドを購入するにあたり何を重要視するかをまず決めましょう。

気になるポイントは以下のようなものがあります。

  • メーカー
  • デザイン
  • 価格
  • 使い心地
  • ロッドの長さ
  • ロッドの強度
  • ロッドの重量
  • ロッドの操作性・感度

ロッドの種類や値段、長さや重さなどさまざまですが、まずは大手メーカーの中から選んだほうがいいと思います。

ただ、大手メーカーに絞ってもまだまだロッドの種類がたくさんあります。

では、私がシーバスロッドを購入するときに1番重要視したことはというと・・・
それはロッドの操作性、感度・ロッドの重量・デザインです。

というのも私は今まで数本のロッドを使用し、重要としてあげたポイントをあまり意識しないまま購入した結果、自分が思っているものと違ったり操作がしにくい、扱いにくい、しっかり調べて購入するべきだと反省しました。

操作性と感度が悪いと釣りをしていて何かやりにくい、ロッドが重いと手がつかれる、安いロッドは壊れやすいデザインが悪いと、愛着がなくなってしまいます。

そこで色々調べて出会ったのがダイワロッド ラブラックス106Mこれからシーバス釣りを始める方で、私のようにロッド選びで失敗しないように参考になれば嬉しく思います。

ここからは、私が感じた使い⼼地を正直にレビューしていこうと思います。

やっぱり購入してよかった、入門者おすすめロッド

やっぱり、このシーバスロッドは素晴らしい!購入してよかったお気に入りロッドです。

実際に購入し、実釣した最初の心の声がすげー、軽い!めっちゃ使い心地がいい。

前まで使ってたものはワンランク下のロッドを使用していましたが実際にここまでの変化があるとはびっくりでした。

ちなみに、前に使っていたロッドもダイワ製品でした。

ここからは使ってみて良いと感じたポイントを紹介していきます。

おすすめポイント1・・ 操作性・感度に優れている

シーバス釣りやルアー釣りに重要になるのが、操作性と感度が大切になります。

ダイワ ラブラックスはロッド全体のバランスもよくピンポイントにキャストしたい時もロッドのブレもなく狙うことができます。

またルアーを引いてくるときに手に伝わる感触や魚へのあたりなど、とても感度に優れているロッドです。

魚のあたりもダイレクトに伝わりますので、このロッドで初めてシーバス釣った時は嬉しいのもあったのですが、ロッドの感度の良さにビックリしたことを今でも覚えています。

おすすめポイント2・・1日釣りをしても疲れにくい

操作性・感度の次に重要だと思ったのが、ロッドの重量です。

ロッドの重量はそんなに大事なの?と疑問なるかもしれませんが1日中ロッドをふってルアーをキャストする釣りですので、重いロッドを使うよりも、軽量のロッドを使用することをおすすめします。

実際にわたしが2本のロッドを使いながら試したのですがやはり軽いロッドを使用したほうが疲れませんでした。

ちなみに私の場合ですが重いロッドを使用し一日釣りをすると腕が筋肉痛になり、疲労もたまりやすかったです。

おすすめポイント3・・魚とのやり取りもスムーズ

今のところロッドの使い心地は良さそうだな。というのは分かってきたと思いますが、魚をかけた時のやり取りはどうなの?と思いますよね。

実際に70㎝ぐらいのシーバスをかけ、やり取りをした感想ですがロッドのバットパワーも強く、うまく魚のひきを吸収してくれてる印象でした。

ロッド曲がりも楽しむ余裕もあり、ある程度やり取りの時間はかかりますが特に問題なく魚を寄せることができます。

操作も楽にできましたので、入門者へおすすめできるロッドだと思います。

おすすめポイント4・・デザインがいい

釣り具の中でも高価なものは、ロッドとリールになります。

ここからは私の主観になりますが、せっかく高価なロッドを買うのであればやはりかっこいいものデザインがいいものを選びたいですよね。

デザイン性がいいものは愛着もわきますし、大事に長く使うことができると思います。

愛着があるとロッドの手入れも力が入りますので、ピカピカなロッドを眺めていると嬉しくなるものです。

ダイワロッド ラブラックス106Mのデメリット

「メリットばかり⾔ってるけど、デメリットはないの?」という⼈のために、デメリットについてもきちんと辛口レビューしていきたいと思います。

ルアーを巻いて来るときに穂先に重みを感じやすい

実はわたしが購入するときに気なっていたことの一つで、軽量タイプのロッドは穂先に重みを感じやすく、もたれることがデメリットではないかと予想されました。

実際に使用しての感想ですが、やはり穂先に重みがのっかりもたれる感じはしました。

しかし、予想していたよりもそこまで重みは気にならず、釣りを楽しむことができました。

慣れてくると特に大きな問題はないと思います。

どうしても穂先に重みが伝わり、もたれる感じが嫌だと思われる方はおすすめできません。

軽すぎるロッドが合わない方はおすすめできない

私は友人と釣りにいくことが多いのですが、友人も同じロッド使用していました。

友人にロッドの使い心地を聞いてみると、とても感度がよくて全体的に使いやすいロッドだが、逆にロッドが軽すぎることがデメリットだと言っていました。

友人の好みとしてはもう少し重みのあるロッドがいいそうです。

やはり使う人によって好みはわかれちゃいますね。

ちなみな私は軽いロッドを選んで良かったと思っています

まとめ

シーバスロッド購入に迷ったら、ダイワロッド ラブラックス106Mで間違いなし

シーバスロッドも色々なメーカーや種類が多く何を選べばいいのか悩みますが、シーバス釣り入門者の方でまずはじめの1本としてダイワ製品 ラブラックスを検討されてはどうでしょうか。

とくに

  • 操作性・感度がいいものが欲しい
  • 軽量のロッド欲しい
  • デザインがいいものが欲しい
  • 魚とのやり取りを楽しみたい

という考えの人には本当におすすめです。

ひとこと

特に釣りをする中で、価格が高いものはロッドとリールになります。

やはり高価なものは中々手が出しにくいと思われますが、わたしの今までの経験上、下手に安い製品を購入するとすぐに壊れたり不具合がおきる確率が高く、釣りをしているとストレスも感じることが多くありました。

少しでも長く製品を使いトラブルやストレスなく釣りを楽しんでもらいたいのでロッド・リールに関してはある程度、高くていい製品を使うことをおすすめします。

ただし「こういうロッドが欲しいけど、他にもどのようなロッドがあるのか」気になる方もいると思いますので、スペック的に近いものを集めてみました。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

その他おすすめ商品のご紹介

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる